漢方(医学)整体の施術内容

プロコースの緩解と矯正について

  • 緩解(筋肉ゆるめ法)…当学院の緩解法は疲れた人を優しく癒す心地良い手法で、“筋肉をゆるめるテクニック(手技)”が豊富にあり、患者さんのニーズやお体の状態に合わせて選び行う事が出来ます。
    また体の14経絡のツボの多くは骨のキワに沿ってあるため、骨格を基準にして全身を整圧する手技ですので、初心者の方にも大変覚えやすいと言う点も特徴の一つです。そして手や指の使い方と患者さんに合わせた手順・注意点を学びます。しっかり身につけるために授業では毎回復習を繰り返しながら進みます。
    緩解の効能には疲労物質(乳酸)が溜まり硬化している筋肉を緩め、血液・神経・リンパ液の乱れが改善し、人体が本来持っている自己治癒力の活性化を目的とするものです。
    “整体師”の第一歩としてまずは“患者さんの体に慣れる”事が大切なため、授業は緩解法から入ります。その施術で疲れた人々の心と体を癒し、人から喜ばれ必要とされる“やり甲斐と自信”を備える事は、“矯正技術”の早い上達にも繋がります。
  • 骨盤矯正…体の中でも一番大きく判りやすい骨盤で、骨を動かし歪みを矯正する手法を学びます。安全性を重視し体をバキバキひねらない手技で、(単純な)腰痛~産後ママの骨盤矯正などにも直ぐに役立つ実用的な基本手技です。
  • 足骨矯正…“小さな骨のズレ”はある程度経験を積まないと判らないものですが、プロコースの足骨矯正は歪みが見分けられない人でも出来る、要領とコツをお教えします。(重症)ねんざ~外反拇指など足骨のズレや歪みによる痛みに“速効性・改善性”に優れた矯正法です。

※プロコース卒業後、技術向上を目指す方は、治療を目的とした“漢方整体師コース”の進学をお勧め致します。

漢方整体師コースの全身骨格矯正手技について

当学院の矯正法は安全性を重視し、体をバキバキ鳴らしたり無理にひねる手法は一切ありません。
古来の漢方医学の観点を基に、骨のキワにあるツボを意識し整圧しながら体の歪みを矯正する、他校にはない新しい手技が盛り込まれています。
この矯正により硬化した筋肉は緩み、血液・神経・リンパ液の乱れが改善し、様々な痛みや不調の改善を主目的とする治療法です。

痛みや不調のある人は骨格のズレ・ゆがみ・ねじれがあるために、これを支えている筋肉や靭帯が萎縮し、神経や血管等の圧迫が原因で正しい働きが妨げられ、様々な臓器にも影響を及ぼしています。
そのため漢方整体師コースでは、腰痛改善や肩コリ改善などに効果を出す矯正手技を基本にし、よりきめ細かな指使いと注意点を押さえる事で様々な不調にも改善効果を出す矯正法です。
その実用的な手技と高度知識・テクニックを解りやすくしっかり身につくよう、少人数で丁寧に指導して参ります。

※漢方整体師コース卒業後にプロコースに進学が可能です。